EAAとBCAAとHMBの違い

最近、健康ブームに乗じてHMBサプリがトレンドとなり、注目されてます。
ですが、既に次のトレンドとなりそうな筋肉サプリが登場しました。
それは、EAA(エッセンシャル・アミノ・アシッド)です。

 

EAA(エッセンシャル・アミノ・アシッド)

EAA(エッセンシャル・アミノ・アシッド)は、簡単にいってしまえば筋肉をつくるために必要な栄養素であり、体内で生成できない必須アミノ酸のことです。必ず食事や筋肉サプリなどの体外から摂る必要があります。

だけど、注目されてトレンドになる理由があります。それは、プロテインよりも低カロリーで身体に吸収されやすいという特質があるからです。これだけでも、従来のプロテインよりも良いのではないだろうかと思ってしまうのも頷けます。

EAAとBCAAとHMBの違い

EAAと似た名前でBCAAというのがありますが、その違いを説明します。

EAAとBCAAの違いは必須アミノ酸の種類が違います。
得られる変化などは殆ど同じです。

ただ、EAAを飲めば筋肉増強しやすくなるという感じではありません。EAAは、BCAAの役割も併せ持っているので、タンパク質の合成促進に聞きますし、BCAAと同じように持久力アップの期待もできます。

EAA

BCAAと同じ必須アミノ酸です。

EAA(エッセンシャル・アミノ・アシッド)のことで、英語で書くと Essential Amino Acid となります。9種類の必須アミノ酸、全てを意味しています。バリン、イソロイシン、ロイシン、メチオニン、リジン、フェニルアラニン、トリプトファン、スレオニン、ヒスチジンの9種類となります。

EAAは吸収がはやくて激しい筋トレなどをしたときには、筋肉肥大化が寝られますし、筋肉合成に関してはBCAAよりも良いです。

BCAA

BCAA(ブランチド チェイン アミノアシッド)のことで、英語で書くと Branched Chain AminoAcid となります。3種類の必須アミノ酸、バリン、ロイシン、イソロイシンを意味してます。

ちなみに、BCAAはEAAに含まれてますので、EAAを摂ればBCAAも満たされるということになります。

BCAAとはよく耳にする必須アミノ酸です。そこに異なる性質を持ったバリン、ロイシン、イソロイシンを配合して、筋肉合成の促進、筋肉分解の抑制をしてくれます。ですから、運動後はBCAAを摂ることで、筋肉の疲れを軽くできます。

なので、ウォーキングなどをした後は、BCAAを飲んだが良いです。
ウォーキング後のHMBサプリとプロテインで痩せる?

HMB

HMBはEAA、BCAAとは役割が異なります。HMBは筋肉合成を促進します。EAA、BCAAを摂っていればロイシンも摂れてるはずです。

ロイシンを摂れば、体内でHMBが生成されますが、非常に少量です。ですから、サプリメントとしてHMBを摂ることで、筋肉合成の手助けをしてくれます。

EAA、BCAAだけを摂るのも悪くありませんが、できればHMBといっしょに摂る方が効率的に筋肉の増強ができるということです。

 

アミノ酸を小分けしてるだけの筋肉サプリ

BCAA、EAAどちらも必須アミノ酸となります。含まれる種類が異なるのですが必須アミノ酸であることには違いがありません。また、BCAAで摂っても、EAAで摂っても、摂る量が異なることはあるかもしれませんが、アミノ酸の役割というのは、それほど大きく変化することはありません。

ただ、EAAは必須アミノ酸が9種類含まれていますし、脂質、糖質も含まれてません。なので、純度の高いアミノ酸を摂ることができます。また、タンパク合成促進にも効きます。強い筋肉、強い身体をつくるには欠かせません。

 

EAAの最大のデメリット

EAAの最大のデメリットは、値段が高いということです。混ざりモノが少なくて純度が高いEAAは値段が高いです。そして、今までに味わったことの無い不味さです。本当に不味くて飲み難いです。飲みやすくすると味をつけるために混ぜモノが入りますので、純度が低くなってしまうということもあります。

良い変化をもたらしてくれそうですが、色々と課題はありそうです。

 

関連記事

筋肉 サプリ