プロフィール

 

プロフィール・スペック

  • 名前:カズカズ
  • 年齢:40代後半
  • 身長:165センチ
  • 体重:53キログラム
  • 趣味:ゴルフ

 

上述したスペックからは、ダイエットは必要ないのですが、筋肉を増やしたい、増量を考えて筋トレを始めました。とくにはゴルフの飛距離アップ、ショットの安定性を目指して筋トレをしました。ゴルフのうまい人というのは、やっぱり筋肉量が多くてパワフルです。

 

サラリーマンでも筋トレして鍛える

デスクワークが多いと、どうしても加齢と共に身体が弛んでくるので、筋トレをしようと思っているサラリーマンは多いはずです。とりあえず筋トレをしてみると良いです。継続することで、それなりの成果が得られます。

これから話す内容は私の実際が経験してきたことなので、これから筋トレしようと思ってる人の参考になればと思います。

 

ジムに通い始めた

もともと、ゴルフをしているということもあり、それなりの筋力をつけたいと思って、とりあえず仕事帰りに通えるようなジムに通い始めました。3ヶ月間は体験トレーニングみたいな感じで通うことができました。ひとまずは、1週間に1回はトレーニングジムに行こうと考えてました。

が、これがなかなかジムに行く気にならないんです。仕事帰り疲れているからというのもあり、地下鉄に乗って、途中下車する勇気がありませんでした。そのまま、電車に乗り続けて家路に向かうということが多かったです。

結局のところ、3ヶ月間のうちで、6回しかトレーニングジムに行けませんでした。
いいえ、行かなかったという表現の方が適切かもしれません。

自発的に通わなければ、続かないなと思いまいた。トレーニングジムとか、習い事でありがちなことです。はじめは、やる気があったのですが、通い始めると、行かなくなってしまう。つまり、継続力が無いし、自発的に行動できない、モチベーションが低下してしまい、結局のところ行かなくなってしまいます。

ということから、パーソナルトレーニングに変更しました。

 

筋トレでどこまで目指すか

最大の課題は、筋トレを続けて、どこまで目指すかです。フィジークの大会に出られるくらいに鍛えるのか、普通に筋肉があるなくらいまで鍛えるのか、それは人それぞれだと思います。

ただ、ひとつ言えるのは普通のサラリーマンでも、アラフォーでも、アラフィフでもしっかりとした筋トレを継続することで、かなりの成果が出てきます。フィジーカーのようにムキムキになるのは難しいかもしれませんが、胸板は厚くなりますし、腕も太くなります。それは、シャツやスーツの上からでも判るようになります。それだけでも、かなりの成果です。

そして、筋トレをしていくと気付くことなのですが、自然とお腹が凹んでいきます。筋トレをすると身体の様々な部位を使うので、お腹周りの脂肪が燃焼されていくからだそうです。

なので、ポッコリとしたお腹よりも、胸板が厚くなり、背中の筋肉も発達して、腕も太くなりますから、ポッコリのお腹が目立たなくなります。さらに、腹部周りをなんとかしたいのであれば、腹筋などで強化をしていくこともできるそうです。

 

ゴルフと筋トレ

パーソナルトレーニングに通い始めてから知ったのですが、ネットとかで検索して得られるゴルフの筋トレ情報の殆どは間違ってます。鍛える部位が間違ってます。ゴルフというと体幹とか腹筋を鍛えるとしてますが、体幹を鍛えてもゴルフはうまくなりません。体幹も必要ではあるものの飛距離アップにはあまり関係ない筋肉です。脚力も必要なのですが、ぶっちゃけ必要なのは背筋、肩、腕の力です。ゴルフは腕を使うなと言われるので、腕じゃないところに意識をしてしまいますが、腕力が大切なのです。今は、パーソナルトレーニングに通いながらゴルフのための筋トレをしてます。

 

パーソナルトレーニング

たまたま、知り合いの鍼灸の先生の息子さんがパーソナルトレーナーをされているということで、そちらに移って、パーソナルトレーニングを受けることとなりました。パーソナルトレーニングは、1回の料金が高いですが、効率の良い筋トレ方法を教えてもらえるし、プロテインの飲み方、HMBの摂り方、筋トレに良い食事なども教えてもらえるので、とても勉強になります。

そして、パーソナルトレーニングというのは、マンツーマンとなりますから、次回の予定などを考慮しながら進めていくので、無理のない筋トレをしながら次回の予約を入れていきます。これが、パーソナルトレーナーの先生と自分との約束みたいな感じとなるので、次回の予約は雨が降っていて行きたくなくても、けっこう行ってしまえるというのが不思議です。

こういったところのパーソナルトレーニングのメリットがあるんだなと思ったりもしました。

筋トレとゴルフ

もともと、ゴルフが大好きで飛距離アップを目指していたときに筋トレをはじめました。ゴルフというと体幹と下半身というイメージが強いですが、上半身の筋力も必要となります。
今は、上半身と下半身を強化してます。

 

効率の良い筋トレ

パーソナルトレーニングでは、鍛えたい部位を決めて、相談しながら筋トレをしていきます。重いバーベルやダンベルなどを持ち上げるだけが筋トレではなく、鍛えたい部位の筋肉にしっかりと負荷を掛けて筋肉を鍛えるということを学ぶことができます。上級者になると軽いバーベルやダンベルでも効率よく筋肉に負荷を与えて鍛えられるようになるそうです。

そして、しっかりと休憩をとって、筋肉を休ませて、次のステップに進んでいくという感じです。

なんでも良いから重いモノを持ち上げたり、長時間続けるだけが良い筋トレでは無いということを学ぶことができます。この辺りが理解できるようになると、自宅でも簡易的に鍛えられるようになります。

次の項目では、筋肉サプリに関する説明・紹介をしていきます。

 

投稿記事