ウォーキング後のHMBサプリとプロテインで痩せる?

ウォーキング後のHMBサプリとプロテインで痩せるのか?ウォーキングは、あまり激しい運動ではありませんが、時間を掛けて身体のなかで様々な良い変化があります。結論から言いますと、ウォーキング後のHMBサプリやプロテインはダイエットになりません。プロテインのカロリーが余分となり、逆に太る可能性があります。

HMBで痩せられるかどうか?というのは、女性用HMBサプリで痩せられるのか? という記事にまとめてありますので、併せて読んでみてください。

 

ウォーキングとHMBサプリとプロテイン

ウォーキングも運動のひとつです。運動をすることで、代謝が促進されますから、身体は栄養やエネルギーを必要とします。この時にどのような栄養補給をするかによって得られる成果が変わってきます。

よくありがちな勘違いと間違いとしては、ウォーキングの後にプロテイン(タンパク質)を摂ると筋肉が大きくなったり、増強されて身体が引き締まってくるからダイエット効果があると思っている場合です。

プロテイン(タンパク質)というのは、筋トレや各種トレーニングをしており、ハードに基礎代謝を高めようとしている場合には有効となります。ウォーキングあとにプロテインを飲むことで、効率よくタンパク質を補給すると、むしろ太ってしまうことがありますので注意が必要です。

普通に食事をして、ウォーキングして、プロテイン(タンパク質)を飲んでいたら、プロテインのタンパク質とカロリーが余分なので、痩せるとういよりも太ってしまう可能性が高いということです。

ウォーキングは有酸素運動

ウォーキングは有酸素運動であり、これも基礎代謝をアップさせてくれる運動のひとつですが、筋肉量が増える訳ではありません。すなわちウォーキングしてるときは基礎代謝が上がるけど筋肉量が増える訳ではありません。

筋トレの場合、筋肉量を増やすことで、基礎代謝をアップさせます。筋肉量が多ければ、代謝が高まるので、体温が高くなります。ですから、筋肉モリモリな人はけっこう暑がりな人が多いです。

そもそもカロリー消費量が少ない

ウォーキングの場合、超ハードな運動ではありませんので、カロリーを多く消費し難いです。カロリー消費しないとは言いませんが、カロリーを多く消費し難いおとなしい運動となります。なので、ウォーキングは高齢者でも手軽にできる運動のひとつとして人気があります。

カロリー消費が少ないのに、カロリーの多いプロテインを飲むと、プロテインのカロリーが高すぎて、太ってしまうという計算となります。

筋トレの場合、かなりハードに筋肉を酷使しますので、短時間で100キロカロリー以上も消費することができます。トレーニングジムで専用の器具を使えば、さらに短期間で筋肉を鍛えられるし、消費カロリーも多くなります。

プロテインを飲むことはダメではありませんが、しっかりとした運動、筋肉を使ったスポーツをして、カロリーを消費してからの方が無難です。

ウォーキングにはBCAAがオススメ

ウォーキングをしているのであれば、BCAAなどの必須アミノ酸が摂れるようなサプリを飲んだ方が良いです。

BCAAというのは、バリン、ロイシン、イソロイシンのことであり、筋肉エネルギーとなる栄養素です。なので、ウォーキングではプロテイン(タンパク質)を摂るよりも、BCAAを摂った方が、運動パフォーマンスを高めることができます。

 

ウォーキングのメリット

歩くということは身体に良いです。とくに歩く、ウォーキングというのは、有酸素運動で低強度の運動となりますから、高齢者や運動不足の人でもはじめやすいというのが大きなメリットです。歩くことで、筋肉を動かしますから、血流量が増えます。つまり、基礎代謝が高まってきます。

冬の朝などはウォーキングするだけで、身体が温まりますし、血流量が増えて頭の回転が良くなると言われることもあります。

これがウォーキングのメリットですし、有用性です。
継続することで、気持ちの良い日々を送ることができます。

ウォーキングのメリット

  • 手軽に有酸素運動ができる
  • 低強度運動である
  • 高齢者・運動不足の人も簡単に始められる

 

ウォーキング・ブーム到来

数年前から、歩くことが良いと言われて、ウォーキング・ブームが到来しました。地下鉄や電車を利用しているひとは、わざと1駅ズラして降車して、1駅分だけ歩くなどして、忙しい日常生活のなかでも運動を取り入れようという工夫を実践している人が増えてきました。

ほんの少しでも歩くことで運動になります。

ウォーキングとプロテインの相性は微妙ですが、ウォーキングすることで基礎代謝の高い日常を送ることができます。

 

関連記事

HMB人気ランキング 2019